浮気相手を調べていくと、その浮気相手が元カノだというケースはよくあります。何故元カノと浮気することになってしまうのかという部分を男性と女性の心理から解説していきます。

まず、男性の心理についてですが、男性は基本的に勝手な生き物で、彼女と別れてしまった後でも相手の女性は自分に好意を持っているはずだと勝手に思い込んでしまいます。ですので、自分からふっておきながら、平気で1年後に連絡とかできるわけです。相手は今でも自分のことを好きなはずなので、1年経っていても連絡が来たら喜ぶはずだと勝手に思っているわけです。それに対して、女性というのは別れてしまうと切り替えが早く、1年も前に別れた彼氏に未練なんて微塵もありません。ですので、基本的には勘違いした男が元カノに連絡を取って赤っ恥をかいて終わるというケースがほとんどです。

しかしながら、特例もあります。これは男女ともに言える心理なのですが、人というのは嫌な記憶というのは薄らいでいくようにできています。これは嫌なことを明確にいつまでも覚えていたら身も心も持たないという防御からくるものです。ですので、別れるときは明確に別れる理由があったにも拘わらず、時間とともに嫌だった部分の記憶や感情が薄らいでくるわけです。そうすると、そのときの楽しい思い出や相手の良かったところだけが記憶に残っており、元彼のことを過大評価してしまうケースがあります。このパターンになったときに、元カノとの浮気が発生します。

もともと二人は付き合っていたので、お互いのことを知り尽くしています。ですので、変に気を使ったり、取り繕ったりする必要がなく、楽なわけです。また、きちんと付き合っていたときであれば、相手を彼女として見ますし、相手も自分のことを彼氏と見ていたので、それなりに求めるものが大きくなります。「彼女にはこうあってほしい」「彼氏はこうあるべきだ」というような価値観が生まれてくるからです。しかしながら、浮気相手となった元カノに対してはその大きな期待というものがなくなるので、楽な付き合いができるわけです。一言でいうと互いに責任がなくなったということです。

ただ、このケースは前提として楽だからというのがありますので、本気で恋愛をしたいとか、元に戻りたいという気持ちはほとんどの男性にはありません。もしそういう感情を抱くとしたら基本的には女性です。男性は単なる自己顕示欲や性欲のために元カノを利用しているに過ぎないからです。ですので、元カノとの浮気から本気になるケースは稀であり、ほとんどの場合は、互いに都合のいい関係ということになります。言い換えるなら、お互いに都合がいいだけに、普通の浮気とは違って、長続きするケースがあります。ですので、女性からみていると元カノとの浮気が多いように感じるのだと思います。実際に件数としては多くはないのですが、そうなったときに長続きしてしまうので、元カノとの浮気がよくあるように感じるのだと思います。

【まとめ】
男性が元カノと浮気をするときというのは、都合がいい相手だからです。浮気から本気になるケースは少ないのですが、浮気が長期化するというリスクはあります。