iPhoneを探す機能 浮気調査の位置情報サービスの使い方

「iPhoneを探す」機能で浮気調査

「iPhoneを探す」機能で浮気調査
「iPhoneを探す」機能は、iPhoneの紛失や盗難時に役立つ便利なツールですが、浮気調査にも利用できると考える人がいます。しかし、この機能を浮気調査に使用するにはいくつかの注意点とリスクがあります。以下に、具体的な方法とそのリスクについて詳しく解説します。
「iPhoneを探す」機能の概要
「iPhoneを探す」は、Appleが提供する位置情報サービスで、iPhoneの現在位置をGPSを使って特定することができます。この機能を利用するには、対象のiPhoneの「iPhoneを探す」機能がオンになっている必要があります。また、Apple IDとパスワードを知っていることが前提です。
浮気調査における使用方法
設定の確認

  • 対象のiPhoneの設定画面を開き、「iCloud」から「iPhoneを探す」をオンにします。
  • これには対象のiPhoneのロックを解除する必要があり、パスコードや顔認証を突破する必要があります。

位置情報の確認

  • 自分のiPhoneやパソコンからiCloudにサインインし、「iPhoneを探す」アプリを開きます。
  • 対象のiPhoneの位置が地図上に表示されます。

通知のリスク

  • 位置情報を確認すると、対象のiPhoneに通知が届くため、相手にバレるリスクがあります。

メリットとデメリット
メリット

  • 費用がかからない
  • 「iPhoneを探す」はiPhoneに標準搭載されているため、追加のアプリをダウンロードする必要がなく、費用もかかりません。
  • 高精度の位置情報
  • GPSを利用しているため、比較的新しい建物の中や屋外であれば高精度で位置を特定できます。

デメリット

  • 通知によるリスク
  • 位置情報を確認すると対象のiPhoneに通知が届くため、相手にバレるリスクが高いです。
  • 法的リスク
  • 他人のiPhoneを無断で操作することは、不正アクセス禁止法に触れる可能性があり、法的リスクが伴います。
  • 証拠としての不十分さ
  • 位置情報だけでは浮気の決定的な証拠にはなりません。例えば、ラブホテルに滞在していたことが確認できた場合は浮気の証拠となる可能性がありますが、それ以外の場所では証拠として不十分です。

代替案
浮気調査を行う際には、スマホの機能を利用するよりも、探偵に依頼する方が安全で確実です。探偵は豊富な経験と高いスキルを持ち、秘密厳守で調査を行うため、浮気の決定的な証拠を掴むことができます。
まとめ
「iPhoneを探す」機能を浮気調査に利用することは可能ですが、通知によるリスクや法的リスクが高いため、慎重に行う必要があります。また、位置情報だけでは浮気の決定的な証拠にはならないため、他の証拠と組み合わせることが重要です。最も安全で確実な方法は、探偵に依頼することです。
浮気調査に関する詳細な情報は、以下のリンクからご覧いただけます。