デキ婚の離婚率を減らすためのカップルの心得

デキ婚の離婚率は高い?

デキ婚の離婚率は高い?
デキ婚(授かり婚)は、妊娠をきっかけに結婚する形態の一つであり、近年では珍しくなくなっています。しかし、デキ婚の離婚率が高いという話をよく耳にします。実際のところ、デキ婚の離婚率はどの程度なのでしょうか?また、その理由は何でしょうか?この記事では、デキ婚の離婚率に関するデータやその背景について詳しく解説します。
デキ婚の割合と離婚率
厚生労働省の調査によると、令和元年における妊娠期間より結婚期間が短い出生は第1子出生全体の約18%を占めています。つまり、子供がいる夫婦のうち約2割がデキ婚という計算になります。また、日本の1年間の婚姻件数は約50万組で、そのうちデキ婚の割合は18.4%、約9万組にのぼります。
デキ婚の離婚率については、さまざまなデータがあります。例えば、10代で結婚した人の約8割がデキ婚であり、そのうちの約8割が離婚しているというデータもあります。一方で、デキ婚全体の離婚率は約40%という調査結果もあります。このように、デキ婚の離婚率は高い傾向にあることがわかります。
デキ婚の離婚率が高い理由
デキ婚の離婚率が高い理由はいくつか考えられます。
若年層のデキ婚が多い
デキ婚する人の大半は10代や20代前半の若年層です。若い年齢層は精神的に未熟であり、経済的にも安定していないことが多いです。また、若い年齢層はまだやりたいことが多く、結婚や出産によってそれを諦めざるを得ない状況に後悔することもあります。
交際期間が短い
デキ婚は妊娠をきっかけに結婚するため、交際期間が短いことが多いです。そのため、相手の性格や価値観を十分に理解しないまま結婚するケースが多く、結婚後に「こんなはずではなかった」と後悔することが増えます。
結婚に対する準備不足
デキ婚の場合、結婚や子育てに対する心の準備ができていないことが多いです。結婚してからすぐに妊娠・出産という大きなイベントが訪れるため、夫婦だけで過ごす時間が少なく、結婚生活の基盤を築くことが難しくなります。
経済的な問題
若年層のデキ婚は経済的に厳しい状況に置かれることが多いです。特に、妊娠・出産によって仕事を辞めざるを得ない場合、再就職が難しくなることもあります。
デキ婚の離婚を回避する方法
デキ婚の離婚率が高いとはいえ、幸せな家庭を築いている夫婦も多く存在します。以下の方法を実践することで、デキ婚からの離婚を回避することができるかもしれません。

  • コミュニケーションを大切にする:お互いの気持ちや考えをしっかりと話し合うことが重要です。
  • 経済的な計画を立てる:家計の見直しや将来の計画を立てることで、経済的な不安を軽減できます。
  • 家事や育児を分担する:夫婦で協力して家事や育児を分担することで、負担を軽減し、ストレスを減らすことができます。

まとめ
デキ婚の離婚率は高い傾向にありますが、その理由は若年層のデキ婚が多いことや交際期間が短いこと、結婚に対する準備不足などが挙げられます。しかし、適切なコミュニケーションや経済的な計画、家事や育児の分担などを実践することで、デキ婚からの離婚を回避することが可能です。デキ婚を前向きに捉え、幸せな家庭を築くための努力を惜しまないことが大切です。
参考リンク: