彼氏 既婚者だった場合 慰謝料請求の可否と対処法を知る

彼氏が既婚者だった場合の慰謝料請求

彼氏が既婚者だった場合の慰謝料請求
慰謝料の相場
彼氏が既婚者であることを知らずに交際し、後にその事実が発覚した場合、慰謝料を請求することが可能です。慰謝料の相場は、一般的に50万円から200万円程度とされていますが、ケースによっては300万円以上になることもあります。
慰謝料請求の要件
慰謝料を請求するためには、以下の要件を満たす必要があります。
相手が既婚者であること:彼氏が既婚者であることを証明する必要があります。
相手が既婚者であることを隠していたこと:彼氏が独身だと偽っていた証拠が必要です。
肉体関係を持ったこと:性的関係があったことが前提となります。
真剣な交際関係であったこと:結婚を前提とした真剣な交際であったことを示す証拠が必要です。
慰謝料の増減要因
慰謝料の金額は、以下の要因によって増減します。

  • 交際期間の長さ:交際期間が長いほど慰謝料は増額される傾向があります。
  • 妊娠や出産:妊娠や出産があった場合、慰謝料は増額される可能性があります。
  • 知り合った経緯:婚活パーティーや結婚相談所で知り合った場合、慰謝料は増額される傾向があります。
  • 既婚者であることの発覚後の態度:既婚者であることが発覚した後の彼氏の態度が悪質であれば、慰謝料は増額される可能性があります。

慰謝料請求の方法
慰謝料を請求する方法は主に以下の通りです。
協議:まずは彼氏と話し合い、慰謝料の支払いについて協議します。
内容証明郵便:話し合いで解決しない場合、内容証明郵便で慰謝料請求を行います。
訴訟:協議や内容証明郵便で解決しない場合、訴訟を起こすことが考えられます。
彼氏の妻からの慰謝料請求
彼氏が既婚者であることを知らずに交際していた場合でも、彼氏の妻から慰謝料を請求されるリスクがあります。ただし、彼氏が独身だと偽っていた証拠があれば、慰謝料を支払う必要はありません。
実際の事例
以下は実際の裁判例です。

  • 東京地方裁判所 平成25年7月10日判決:彼氏が独身だと偽って交際し、女性が妊娠した後に既婚者であることが発覚したケース。裁判所は女性の故意過失を認めず、慰謝料請求が認められました。
  • 東京地方裁判所 平成23年4月26日判決:お見合いパーティーで知り合った彼氏が既婚者であることを隠していたケース。裁判所は女性の故意過失を認めず、慰謝料請求が認められました。

まとめ
彼氏が既婚者であることが発覚した場合、慰謝料を請求するためには、証拠を集め、適切な手続きを踏むことが重要です。慰謝料の相場や増減要因を理解し、適切な対応を取ることで、精神的苦痛に対する補償を得ることができます。
慰謝料請求に関する詳細な情報は、以下のリンクからご覧いただけます。

慰謝料の相場

彼氏が既婚者だった場合の慰謝料請求:慰謝料の相場
彼氏が既婚者であることを知らずに交際していた場合、精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求することができます。このようなケースでは、慰謝料の相場は以下の通りです。
慰謝料の相場

  • 50万円〜200万円: 彼氏が既婚者であることを隠して交際し、性的関係を持った場合の慰謝料の相場は50万円から200万円程度です。これは一般的な目安であり、具体的な金額は個別の事情によって変動します。
  • 数十万円〜300万円: 特に悪質な場合や精神的苦痛が大きい場合には、慰謝料が300万円以上に増額されることもあります。

慰謝料請求の要件
慰謝料を請求するためには、以下の要件を満たす必要があります。
相手が既婚者であること: 彼氏が既婚者であることが明らかであること。
既婚者であることを隠していたこと: 彼氏が独身だと偽っていたこと。
肉体関係があったこと: 交際がプラトニックなものでなく、性的関係があったこと。
真剣な交際関係であったこと: 結婚を前提とした真剣な交際であったこと。
慰謝料請求の方法
慰謝料を請求する方法は以下の通りです。
協議: まずは彼氏と話し合い、慰謝料の支払いについて協議します。
内容証明郵便: 話し合いで解決しない場合、内容証明郵便で正式に慰謝料を請求します。
訴訟: それでも解決しない場合は、訴訟を起こして裁判所に判断を仰ぎます。
注意点

  • 証拠の収集: 慰謝料請求には証拠が重要です。彼氏が既婚者であることを隠していた証拠や、真剣交際であったことを示す証拠を集めておきましょう。
  • 妻からの慰謝料請求: 逆に彼氏の妻から慰謝料を請求されるリスクもあります。ただし、彼氏が独身だと偽っていた場合には、あなたに過失がないことを証明する必要があります。

具体的な事例

  • 妊娠中絶や出産: 彼氏が独身だと偽って肉体関係を持ち、妊娠中絶や出産があった場合、慰謝料が増額される可能性があります。
  • 交際期間: 交際期間が長いほど、慰謝料が増額される傾向にあります。一般的に1年以上の交際期間であれば、長いと評価されることが多いです。

彼氏が既婚者であることが発覚した場合、まずは冷静に対応し、証拠を集めた上で適切な手続きを進めることが重要です。慰謝料請求を検討する際には、弁護士に相談することをおすすめします。