彼氏が既婚者 慰謝料請求できるか 実は独身と騙された場合の対処法

彼氏が既婚者だった場合に慰謝料請求はできるか

彼氏が既婚者だった場合に慰謝料請求はできるか
慰謝料請求の条件
彼氏が既婚者であることが発覚した場合、慰謝料請求が可能です。ただし、慰謝料請求が認められるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。
不貞行為の存在

  • 交際相手が既婚者であることを知らずに交際し、肉体関係を持った場合でも、慰謝料請求が可能です。

既婚者であることを知っていたかどうか

  • 交際相手が既婚者であることを知っていた、または知ることができた場合には、慰謝料請求が認められやすくなります。

証拠の有無

  • 不貞行為を証明するための証拠が必要です。例えば、ラブホテルの出入りの写真や動画、メールやSNSのメッセージなどが有効です。

慰謝料の相場
慰謝料の金額はケースバイケースですが、一般的には以下のような相場があります。

  • 不倫の慰謝料: 100万円から300万円程度が一般的です。
  • 交際期間や精神的苦痛の度合い: 交際期間が長い場合や精神的苦痛が大きい場合には、慰謝料が増額されることがあります。

慰謝料請求の手順
証拠の収集

  • 不貞行為を証明するための証拠を集めます。探偵事務所に依頼することも一つの方法です。

内容証明郵便の送付

  • 交渉による解決を試みるために、内容証明郵便で慰謝料の支払いを請求します。

訴訟の提起

  • 交渉が不調に終わった場合には、訴訟を提起します。訴訟は公開の法廷で行われるため、相手にとって大きなプレッシャーとなります。

注意点

  • 時効の問題
  • 不貞行為を知った時から3年、または不貞行為が行われた時から20年が経過すると、慰謝料請求の権利が消滅します。
  • 相手の反応
  • 慰謝料請求を行うことで、相手が逆に慰謝料を請求してくるリスクもあります。特に相手の配偶者に知られると、事態が複雑化する可能性があります。

まとめ
彼氏が既婚者であることが発覚した場合、慰謝料請求は可能ですが、証拠の収集や法的手続きが必要です。慰謝料の相場は100万円から300万円程度であり、交渉が不調に終わった場合には訴訟を提起することも考慮する必要があります。時効や相手の反応にも注意しながら、適切な対応を取ることが重要です。
参考リンク