熟年離婚したいがお金がない 1人で生活費を心配せずに暮らす方法

熟年離婚したいけどお金がない

熟年離婚を考えているが、経済的な不安がある場合、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。
慰謝料
熟年離婚の慰謝料の相場は50万円から300万円程度ですが、婚姻期間が長い場合や不貞行為があった場合には、500万円以上になることもあります。慰謝料は精神的苦痛に対する賠償金であり、婚姻期間の長さや有責行為の内容によって金額が変わります。
財産分与
財産分与は、婚姻期間中に夫婦が共同で築いた財産を分ける手続きです。基本的には、夫婦の収入の差にかかわらず、2分の1ずつ分けるのが一般的です。財産分与の対象には、預貯金、不動産、家財、自動車、株式などが含まれます。
年金分割
年金分割は、婚姻期間中の厚生年金の標準報酬を多い方から少ない方に分割する制度です。これにより、離婚後も年金を受け取ることができ、特に専業主婦にとっては重要な収入源となります。
公的支援
離婚後の生活費については、元配偶者に請求することはできませんが、公的支援を受けることが可能です。生活保護や児童手当、シングルマザー・シングルファザー向けの支援制度などがあります。これらの支援を活用することで、経済的な負担を軽減することができます。
婚姻費用
離婚が成立する前に別居している場合、婚姻費用として生活費を請求することができます。婚姻費用には、家賃、光熱費、食費、子どもの養育費や医療費などが含まれます。収入の多い方が少ない方に支払うことが一般的です。
具体的な準備
熟年離婚を考える際には、以下の準備が重要です。

  • 財産リストの作成: 共有財産をリストアップし、分与の準備をする。
  • 公的支援の確認: 市区町村役場や関連機関で利用可能な支援制度を確認する。
  • 弁護士の相談: 財産分与や慰謝料の請求について専門家のアドバイスを受ける。

まとめ
熟年離婚に際しては、慰謝料や財産分与、年金分割、公的支援などを活用することで、経済的な不安を軽減することができます。特に、財産分与や年金分割は離婚後の生活設計において重要な要素となります。離婚を検討する際には、これらのポイントを押さえて、しっかりと準備を進めることが大切です。
詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。