LINEのトーク非表示 浮気の証拠を確認する方法

LINE(ライン)のトーク非表示は浮気の証拠

LINEのトーク非表示は浮気の証拠となるのか?この疑問に対して、複数の専門家や法律事務所の見解を基に解説します。
LINEのトーク非表示とは?
LINEのトーク非表示機能は、特定のトークルームや友だちをリストから見えなくする機能です。これにより、他人に見られたくない会話を隠すことができます。しかし、この機能が浮気の証拠となるかどうかは、状況によります。
浮気の証拠としてのLINEトーク非表示
非表示の兆候とその意味
LINEのトークや友だちを非表示にする行為は、浮気の兆候と見なされることがあります。特に、パートナーが突然トーク履歴を非表示にし始めた場合、何かを隠そうとしている可能性があります。
証拠としての有効性
非表示にされたトーク履歴自体は、浮気の直接的な証拠にはなりません。しかし、他の証拠と組み合わせることで、浮気の存在を裏付ける補助的な証拠となることがあります。例えば、LINEのトーク履歴とホテルの領収書や利用明細を組み合わせることで、性的関係の事実を証明することができます。
証拠の収集方法
浮気の証拠を収集する際には、以下の方法が推奨されています:

  • スクリーンショットや写真撮影:相手のスマホに表示されたLINEトーク画面を撮影する。
  • 他のメッセージアプリの確認:Facebook、Instagram、カカオトークなど、他のメッセージアプリもチェックする。
  • 音声録音や自認書:性交渉や不貞行為を自白した発言の録音や、不貞を認めた書面を取得する。

法的な注意点
LINEのトーク履歴を勝手に確認する行為は、プライバシーの侵害となる可能性があります。違法行為と見なされることもあり、逆に自分が訴えられるリスクもあります。証拠集めは慎重に行い、必要に応じて専門家のアドバイスを受けることが重要です。
まとめ
LINEのトーク非表示は浮気の兆候となることがありますが、それ自体が直接的な証拠にはなりません。他の証拠と組み合わせることで、浮気の存在を裏付ける補助的な証拠として活用することができます。証拠集めは慎重に行い、法的なリスクを避けるために専門家の助言を受けることが推奨されます。
参考リンク