熟年離婚したいがお金がない 自分の年金で暮らすための弁護士に相談する3つのポイント

熟年離婚したいけどお金がない、どうする?

熟年離婚を考えているものの、経済的な不安から踏み切れない方も多いでしょう。特に長年専業主婦として家庭を支えてきた場合、離婚後の生活費や年金、財産分与などの問題が大きな壁となります。ここでは、熟年離婚を経済的に乗り越えるためのポイントを解説します。

財産分与と年金分割

熟年離婚では、婚姻期間中に築いた財産を公平に分ける「財産分与」が重要です。財産分与の対象には以下のようなものがあります。

  • 不動産(家や土地)
  • 預貯金
  • 退職金
  • 有価証券(株式など)
  • 家具や家電

特に退職金は、将来受け取る予定のものも含めて財産分与の対象となります。
また、年金分割も重要なポイントです。婚姻期間中に納めた厚生年金や共済年金の保険料を分割し、将来受け取る年金額を調整する制度です。専業主婦であった場合でも、夫の年金の一部を受け取ることができます。

慰謝料の請求

離婚の原因が相手の不貞行為やDV(ドメスティックバイオレンス)である場合、慰謝料を請求することができます。慰謝料の相場は数十万~300万円程度ですが、長期間にわたる不貞行為などの場合は500万円以上になることもあります。

弁護士の活用

離婚に関する手続きや交渉は複雑で、専門知識が必要です。弁護士に相談することで、適切なアドバイスを受けることができます。弁護士費用はかかりますが、月額2,950円程度の弁護士保険に加入することで、費用を抑えることも可能です。

公的支援の活用

経済的に困難な場合、公的な支援を活用することも検討しましょう。例えば、生活保護や住宅手当などの支援制度があります。また、自治体によっては離婚に関する無料相談を行っているところもあります。

離婚後の生活設計

離婚後の生活を具体的にイメージし、計画を立てることが重要です。以下の点を考慮して、生活設計を行いましょう。

  • 住む場所の確保:賃貸住宅や親族の家など、住む場所を確保する。
  • 収入の確保:パートタイムやフルタイムの仕事を探す。
  • 生活費の見積もり:食費、光熱費、医療費などの生活費を見積もる。

離婚前の準備

離婚を決意する前に、以下の準備を行うことが重要です。

  • 財産のリストアップ:共有財産をリストアップし、分割の準備をする。
  • 証拠の収集:不貞行為やDVの証拠を集める。
  • 専門家への相談:弁護士やファイナンシャルプランナーに相談し、適切なアドバイスを受ける。

経験者のエピソード

実際に熟年離婚を経験したAさん(60歳)は、離婚前に弁護士に相談し、財産分与や年金分割の手続きをスムーズに進めることができました。Aさんは「弁護士のサポートがあったおかげで、経済的な不安を軽減できた」と語っています。
熟年離婚は経済的な不安が大きいですが、適切な準備と専門家のサポートを受けることで、安心して新しい生活をスタートさせることができます。離婚を考えている方は、まずは専門家に相談し、具体的な計画を立てることをおすすめします。